ぴくちゃあ通信

日本映画をメインにしたブログです。東宝映画を中心に古い作品から新しい作品まで、時には俳優を中心に話を展開します。

『滝を見にいく』(2014:沖田修一)








 『滝を見にいく』(2014:沖田修一)を、新宿武蔵野館2にて見る。1000円(水曜日)、パンフレット500円。
 武蔵野館は毎週水曜日、男女とも1000円均一。それもあってか2回目11時50分開映の5分前に到着したら、立ち見の札。整理番号も84番、座席数と同じ、というわけで唯一残っていた前から2列目の左端にて鑑賞。
 今年、一番のおもしろさ。これを見ずして、沖田修一を語るなかれ!現在のところ彼の最高傑作誕生です。
 バスツアーでたまたま一緒になった7人のおばちゃんたち。ドジなツアーガイド・黒田大輔(沖田組の常連)のおかげで、山の中で迷子になってしまう。ただそれだけのお話だが、それぞれの人間模様がみごとに浮かび上がり、クスクス、ゲラゲラ、笑いの連続。
 7人のおばちゃんたち、プロの俳優は2人だけ、あとはアマチュア俳優や全くの素人やら多種多様。それらを巧みに当て書きし、自在に演出した沖田修一監督に拍手喝采!!!
 これを見ずして、今年のベストテンを選ぶなかれ!!!!!