ぴくちゃあ通信

日本映画をメインにしたブログです。東宝映画を中心に古い作品から新しい作品まで、時には俳優を中心に話を展開します。

『わたし達はおとな』(2022:加藤拓也)





 『わたし達はおとな』(2022:加藤拓也)を、池袋グランドシネマサンシャイン・シアター2にて見る。1200円。
 同棲している優実が予期せぬ妊娠。しかも相手は直哉なのか、一度だけ関係した相手なのかわからない、、、。
 一度は事実を受け入れ、父親となろうと決めた直哉だったが、、、。
 まず、この直哉がどうしようもない。前の女とはヒモ状態で妊娠・堕胎させ、別れても行くところがなく、そのまま居候を決め込んでいる。
 優実と出会って、さっそくマンションに転がり込んで、食住の世話になる。食の世話になりながら、グリーンピースは絶対に食べない、と子ども丸だし。挙句の果てには、いつ食事を作ってくれと頼んだ、という始末。
 一度は就職して父親になると宣言したのに、誰の子かわからないのでは父親にはなれないと、言い出す。演劇青年らしく、すぐ理屈をこねる。
 優実も優実である。ロフト形式の室内に2階がある豪華なマンション(親が家賃を払っている)に住んでいて、母親が入院しても、たいして心配もしない。死んでも母親の枕元に突っ立ったまま、嘆く悲しむでもない。母親の死も直哉には知らせないまま、、、。
 これが、現代の若者たちの等身大のリアルなんだろうか、、、。
 演劇青年・加藤拓也監督デビュー作ではあるが、人物に対して寄りの画面が多く、マンションの構造がよくわからない。あるいは、大学の情況描写とか、母親の死は何の関係があるのとか、過去・現在が頻繁に行ったり来たりして、見る側は混乱してしまう。
 もう少しわかりやすい描き方を工夫すべき、というか、映像分野はもういいから、舞台に専念してはどうかな、、、。
2022年6月12日(日)鑑賞

     スタッフ
監督・脚本    加藤 拓也
エグゼクティブプロデューサー
         服部 保彦
製 作      狩野 隆也
 〃       松岡 雄浩
 〃       宇田川 寧
プロデューサー  松岡 達矢
  〃      柴原 祐一
撮 影      中島 唱太
美 術      宮守 由衣
装 飾      桑田 真志
音 楽      谷川 正憲
録 音      小野川浩幸
 〃       紫藤 祐弥
照 明      土山 正人
編 集      田巻 源太
衣 裳      加藤みゆき
ヘアメイク    内城千栄子
ラインプロデューサー
         谷川 詩織
助監督      土岐 洋介
宣伝プロデューサー
         筒井 史子
公開年月日:2022.06.10
上映時間:109分
製作会社:「わたし達はおとな」製作委員会
製作幹事:メ~テレ
製作プロダクション:ダブ
配給:ラビットハウス

     キャスト
木竜 麻生    優実(デザイン学生)
藤原 季節    直哉(演劇学生)
菅野 莉央    臼井(優実の同学年)
清水くるみ    池田(  〃   )
森田  想    絵梨(  〃   )
桜田  通    将人(優実に贈りもの攻勢)
山崎 紘菜    伊藤(直哉の元カノ)
片岡 礼子    産婦人科
石田ひかり    優実の母親
佐戸井けん太   優実の父親
鈴木 勝大    飲み会の後に優実と関係する
山脇 辰哉    
上村  侑    
中山求一郎       
諫早 幸作    
伊藤 風喜    
鳥谷 宏之     
平原 テツ    直哉の先輩


にほんブログ村ランキングに参加しています。
下記 ↓ のバナーをクリックしてください。
ブログのランキングが表示されたら、下部の「ぴくちゃあ」ロゴを再度クリックしてください。
ランキングアップに協力お願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村