ぴくちゃあ通信

日本映画をメインにしたブログです。東宝映画を中心に古い作品から新しい作品まで、時には俳優を中心に話を展開します。

1920年代作品

『二人静<ふたりしずか>』(日活向島1922:大洞元吾)

『二人静』(日活向島1922:大洞元吾)を、国立映画アーカイブ長瀬記念ホールOZUにて見る。5月3日から始まった「発掘された映画たち2022」の1本。420円。 柳川春葉の家庭小説を映画化した新派悲劇で、現存する数少ない日活向島作品。わが子から引き離される…

『關東大震大火實況』(1923)

『關東大震大火實況[神龍寺版/文部省管理換版]』(文部省社會教育課1923:撮影・東京シネマ商會)を、国立映画アーカイブ長瀬記念ホールOZUにて見る。5月3日から始まった「発掘された映画たち2022」の1本。420円。 『關東大震大火實況[神龍寺版/文部省…

『舊劇 渋川伴五郎 霧島山蜘蛛退治の場』(1922:築山光吉)

『舊劇 渋川伴五郎 霧島山蜘蛛退治の場』(日活大将軍1922:築山光吉)を、国立映画アーカイブ長瀬記念ホールOZUにて見る。5月3日から始まった「発掘された映画たち2022」の1本。420円。 柔術の達人渋川蟠龍軒の子、伴五郎が生来の怪力を発揮して父の仇を討…

『狂った一頁[染色版]』(1926:衣笠貞之助)

『狂った一頁[染色版]』(1926:衣笠貞之助)と『鬼あざみ[デジタル復元版]』(1927:衣笠貞之助)を、国立映画アーカイブにて見る。きょうから始まった「発掘された映画たち2022」の1本。420円。 『狂った一頁』は1976年3月に岩波ホールにて『十字路』(19…