ぴくちゃあ通信

日本映画をメインにしたブログです。東宝映画を中心に古い作品から新しい作品まで、時には俳優を中心に話を展開します。

東宝

『駅前旅館』(東京映画1958:豊田四郎)

『駅前旅館』(東京映画1958:豊田四郎)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)小ホール(地下1階)にて見る。8月13日から始まった「シネマ・エッセンシャル2019」特集の1本。310円。再々見。 1961年から始まる『駅前』シリーズの先駆け的な作…

『夫婦善哉』(東宝1955:豊田四郎)

『夫婦善哉』(東宝1955:豊田四郎)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)小ホール(地下1階)にて見る。8月13日から始まった「シネマ・エッセンシャル2019」特集の1本。310円。再々見。 森繁久彌が淡島千景に声掛ける「頼りにしてまっせ、お…

『若い人』(東京発声1937:豊田四郎)

『若い人』(東京発声1937:豊田四郎)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)小ホール(地下1階)にて見る。8月13日から始まった「シネマ・エッセンシャル2019」特集の1本。310円。再々見。 最初の映画化。市川春代の魅力爆発。そして、大日方…

『女の花道』(日本コロムビア=東京映画1971:沢島忠)

『女の花道』(日本コロムビア=東京映画1971:沢島忠)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。6月29日から始まった「逝ける映画人を偲んで2017ー2018」特集の1本。310円。初見。 監督の沢島忠を偲んで、、、…

『狙撃』(東宝1968:堀川弘通)

『狙撃』(東宝1968:堀川弘通)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。6月29日から始まった「逝ける映画人を偲んで2017ー2018」特集の1本。310円。再々見。 製作を担当した貝山知弘と尾行者Aに扮した大前亘を…

『南の風と波』(東宝1961:橋本忍)

『南の風と波』(東宝1961:橋本忍)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。6月29日から始まった「逝ける映画人を偲んで2017ー2018」特集の1本。310円。再々見。 監督脚本の橋本忍、加代に扮した星由里子、順…

『上意討ち 拝領妻始末』(三船プロ=東宝1967:小林正樹)

『上意討ち 拝領妻始末』(三船プロ=東宝1967:小林正樹)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。6月29日から始まった「逝ける映画人を偲んで2017ー2018」特集の1本。310円。再々見。 脚本担当の橋本忍、笹原…

『ガス人間㐧1号』(東宝1960:本多猪四郎)

『ガス人間㐧1号』(東宝1960:本多猪四郎)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。6月29日から始まった「逝ける映画人を偲んで2017ー2018」特集の1本。310円。再々見。 照明担当の高島利雄とガス人間水野に…

『メカゴジラの逆襲』(東宝映像1975:本多猪四郎)

『メカゴジラの逆襲』(東宝映像1975:本多猪四郎)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。6月29日から始まった「逝ける映画人を偲んで2017ー2018」特集の1本。310円。再見。 照明担当の高島利雄と特撮技術美…

『ゴジラ対ヘドラ』(東宝1971:坂野義光)

『ゴジラ対ヘドラ』(東宝1971:坂野義光)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。6月29日から始まった「逝ける映画人を偲んで2017ー2018」特集の1本。310円。再見。 監督・脚本担当の坂野義光、そしてゴジラ…

『青春の蹉跌』(渡辺企画=東京映画1974:神代辰巳)

『青春の蹉跌』(渡辺企画=東京映画1974:神代辰巳)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。6月29日から始まった「逝ける映画人を偲んで2017ー2018」特集の1本。310円。再々見。 音楽担当の井上堯之、そして…

『嵐を呼ぶ楽団』(宝塚映画1960:井上梅次)

『嵐を呼ぶ楽団』(宝塚映画1960:井上梅次)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。6月29日から始まった「逝ける映画人を偲んで2017ー2018」特集の1本。310円。再々見。 専属歌手・緒方セツコに扮した朝丘雪…

『若い狼』(東宝1961:恩地日出夫)

『若い狼』(東宝1961:恩地日出夫)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。本日から始まった「逝ける映画人を偲んで2017ー2018」特集の1本。310円。再々見。主演の夏木陽介と星由里子、そして菅井きんを偲んで…

『ガンパー課長』(東宝1961:青柳信雄)

『ガンパー課長』(東宝1961:青柳信雄) 出演:藤木悠、高島忠夫、北あけみ、加東大介、若林映子、中島そのみ 助監督:松森健 大部屋俳優・勝部義夫は、一ノ宮あつ子のクラブのバーテンダーに扮している。 ガンパーのTVCMソングの唄は高島忠夫。カレー印度軒…

『坊っちゃん』(東京映画1953:丸山誠治)

『坊っちゃん』(東京映画1953:丸山誠治)を、国立映画アーカイブ(旧名称:フィルムセンター)長瀬記念ホール OZUにて見る。310円。再見。 戦前のP.C.L.版(山本嘉次郎監督)に続く2度目の映画化。松山の中学校に、東京から若い教師・坊っちゃん(池部)…

『雲の上団五郎一座』(宝塚映画1962:青柳信雄)

『雲の上団五郎一座』(宝塚映画1962:青柳信雄)をラピュタ阿佐ヶ谷にて見る。「コメディ天国 It's 笑 Time!」特集の1本。会員証が切れてしまったので新たにネット会員に入会、それが1400円。招待券2枚もらえ、その1枚をこの作品に使用して700円相当。 …

『私の鶯』(満映=東宝1943公開、監督:島津保次郎)

『私の鶯』(満映=東宝1943公開、監督:島津保次郎) 李香蘭の歌声がたっぷり聞くことができる音楽映画。 1917年ロシア革命でシベリアから北満州に亡命してきたロシア人オペラ歌手たちが、隅田(黒井洵=後の二本柳寛)という日本人一家に助けられる。やがて一…

『豚と金魚』(東宝1962:川崎徹広)

『豚と金魚』(東宝1962:川崎徹広)をラピュタ阿佐ヶ谷にて見る。「現代文学栄華館 -昭和の流行作家たち」特集の1本。東宝ファン、若林映子ファンとしては、見逃せない1本。年末に行くことが出来ず、年が明けて、最終3日に駆けつける。この作品がシネ始め…

『新・三等重役 旅と女と酒の巻』(東宝1960:筧正典)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて『新・三等重役 旅と女と酒の巻』(東宝1960:筧正典)を見る。「旅する映画、映画の旅」特集の1本である。会員ポイントによる招待券にて。 小林桂樹と雪村いづみの結婚披露宴、「東宝の森繁久彌でござい」と挨拶、周りから「違うぞ」と…

『すずかけの散歩道』(東宝1959:堀川弘通)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて『すずかけの散歩道』(東宝1959:堀川弘通)を見る。「百万人の作家 -ミリオン・ストーリー・テラー- 石坂洋次郎の映画アルバム」の1本である。800円(会員)。 何度目かの再見。何度見ても味わい深い。 三人姉妹の話でもある。長女・賀…

『制服の乙女たち』(東宝1955:青柳信雄)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて『制服の乙女たち』(東宝1955:青柳信雄)を見る。昭和の銀幕に輝くヒロイン[第49弾]雪村いづみの第4週。800円(会員)。 雪村いづみの歌と青山京子の恋愛を描く女子学園もの。主演ふたりの持ち味を充分に生かして、十朱久雄、吉川満子、…

『悪の紋章』(宝塚映画1964:堀川弘通)

神保町シアターにて『悪の紋章』(宝塚映画1964:堀川弘通)を見る。「男優・佐田啓二」特集の1本。再見。スタンプ5個たまって無料、1200円×5=6000円、つまり1本あたり1000円ということになる。5分前に行って整理番号97番。定員101席なのでほぼ満席。月…

『怪盗ジバコ』(渡辺プロ=東宝1967:坪島孝)

フィルムセンターにて『怪盗ジバコ』(渡辺プロ=東宝1967:坪島孝)を見る。再見(3、4回目かな)。「特集・逝ける映画人を偲んで 2007-2008」、植木等追悼の1本。500円。 北杜夫の本は、中学から高校にかけて熱心に読んだ。そのきっかけになったのがこの作…

『千曲川絶唱』(東京映画1967:豊田四郎)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて『千曲川絶唱』(東京映画1967:豊田四郎)を見る。再見(3、4回目かな)。昭和の銀幕に輝くヒロイン[第48弾]星由里子の第8週。招待券(会員ポイント)。 星由里子と北大路欣也のコンビ1作目。これが好評だったので、『北穂高絶唱』(1968…

『BU・SU』(1987:市川準)

フィルムセンター「逝ける映画人特集」の1本。封切りで見逃していて、その後のテレビ放映録画ビデオは見ていた。今回、やっとフィルムで見ることができ、ノルマをひとつ達成したという満足感。 作品はアイドル映画として、決しておもしろいものではないが、…

『B・G物語 二十才の設計』(東宝1961:丸山誠治)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて『B・G物語 二十才の設計』(東宝1961:丸山誠治)を見る。再見。昭和の銀幕に輝くヒロイン[第48弾]星由里子の第1週。招待券(会員ポイント)。 星由里子と船戸順が並んでのトップクレジット、彼女の初主演作。 初めてのB・G生活スタート…

『田園交響楽』(東宝東京1938:山本薩夫)

フィルムセンターにて『田園交響楽』(東宝東京1938:山本薩夫)を見る。再見。「特集・逝ける映画人を偲んで 2007-2008」の1本。500円。 盲目の野生児・原節子が慈愛に満ちたクリスチャン・高田稔により、美しい女性に磨き上げられるというお話。ちょっと『…

『俺にまかせろ』スタッフ・キャスト

『俺にまかせろ』スタッフ・キャスト東宝 製作・配給1958年06月08日公開黒白・スタンダード 1746m(64分) <スタッフ>監督 日高 繁明製作 宇佐美 仁原作 樫原 一郎「昭和刑事物語」より脚色 須崎 勝弥撮影 小泉 福造照明 大沼 正喜音楽 池野 成録音 西川 善…

『手錠をかけろ』(東宝1959:日高繁明)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて『手錠をかけろ』(東宝1959:日高)を見る。「昭和警察物語・銀幕に吠えろ」の1本。招待券(会員継続更新)。 池部良と有島一郎は警視庁捜査一課の刑事、佐藤允は警視庁音楽隊のトランペット奏者、その父・三津田健が浅草暑の刑事。 佐藤…

『恐怖の弾痕』(東宝1957:日高繁明)

シネマヴェーラ渋谷にて『恐怖の弾痕』(東宝1957:日高繁明)を見る。1000円(会員)。 日本刀・田崎潤と柔道・宝田明の対決、あるいはボクシング・河津清三郎と柔道・宝田明の対決。仙石原での決闘シーンは『姿三四郎』を思い出してしまった。 そこそこにアク…