ぴくちゃあ通信

日本映画をメインにしたブログです。東宝映画を中心に古い作品から新しい作品まで、時には俳優を中心に話を展開します。

1950年代作品

『姿なき目撃者』(東宝1955:日高繁明)

『姿なき目撃者』(東宝1955:日高繁明)を、神保町シアターにて見る。4月30日(土)~5月20日(金)の特集「子役の天才 戦前・戦後の日本映画を支えた名子役たち」の1本。5ポイントで無料を使用。再見。 カメラ小僧・譲二が隣の女中・千代から密会現場を撮る…

『ちゃんばら手帖』(宝プロ=東映京都1953:河野壽一)

『江戸の花和尚 人斬り数え唄[『ちゃんばら手帖』改題]』(宝プロ=東映京都1953:河野壽一)を国立映画アーカイブB1F・小ホールにて見る。5月6日から始まった「NFAJコレクション 2022 春」の1本。420円。初見。 河野壽一(1921.01.30~1984.12.30)の監督…

『妻と女記者 若い愛の危機』(藤本プロ=新東宝1950:千葉泰樹)

『妻と女記者 若い愛の危機』(藤本プロ=新東宝1950:千葉泰樹)を国立映画アーカイブB1F・小ホールにて見る。5月6日から始まった「NFAJコレクション 2022 春」の1本。420円。再見。 復員後、妻・山根壽子や両親から腫れ物をさわるような床の間の置物扱い…

『南国の肌』(1952:本多猪四郎)

『日本産業地理大系 第一篇 國立公園 伊勢志摩』(東宝教育映画1949:本多猪四郎)と『南国の肌』(木曜プロ1952:本多猪四郎)を国立映画アーカイブB1F・小ホールにて見る。5月6日から始まった「NFAJコレクション 2022 春」の2本。420円。 『日本産業地理大…

『俺は用心棒』(東横1950:稲垣浩)

『俺は用心棒』(東横1950:稲垣浩)を、国立映画アーカイブにて見る。5月3日から始まった「発掘された映画たち2022」の1本。420円。 89分ある作品が65分しかない。欠落部分は巻頭の、「幸福の印籠」を入手した主人公が喧嘩で牢に入り、就職口を逃す件り。…

『町奉行日記 鉄火牡丹』(大映京都1959:三隅研次)

『町奉行日記 鉄火牡丹』(大映京都1959:三隅研次)を、国立映画アーカイブ・小ホールにて見る。420円。「NFAJコレクション 2022 冬」の上映企画の1本です。 すでに、同じ原作の映画化『どら平太』(2000:市川崑監督、役所広司主演)やフジテレビ「着ながし奉…

『幼な心』(オーストリア1958-1959:アルフレート・レーナー)

『幼な心』(オーストリア1958-1959:アルフレート・レーナー)を、国立映画アーカイブ2F 長瀬記念ホールOZUにて見る。310円。 当時13歳の子役スター、クリスティーネ・カウフマン主演の家族メロドラマ。美しいチロルの自然を舞台に、互いにすれ違う親子の…

『流離の岸』(日活1956:新藤兼人)

フィルムセンターにて 、『流離の岸』(日活1956:新藤兼人)を見る。「よみがえる日本映画 vol.5 日活篇 ー映画保存のための特別事業費による」特集の1本。500円。 乙羽信子、北原三枝、親子二代に渡る男運のなさを描いた作品。手馴れた監督なら、起伏のある…

『制服の乙女たち』(東宝1955:青柳信雄)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて『制服の乙女たち』(東宝1955:青柳信雄)を見る。昭和の銀幕に輝くヒロイン[第49弾]雪村いづみの第4週。800円(会員)。 雪村いづみの歌と青山京子の恋愛を描く女子学園もの。主演ふたりの持ち味を充分に生かして、十朱久雄、吉川満子、…