ぴくちゃあ通信

日本映画をメインにしたブログです。東宝映画を中心に古い作品から新しい作品まで、時には俳優を中心に話を展開します。

1940年代作品

『ハワイマレー沖海戰』(1942:山本嘉次郎)

『ハワイマレー沖海戰』(東宝映画1942:山本嘉次郎)を、国立映画アーカイブ2F 長瀬記念ホールOZUにて見る。6月24日(金)から始まった「東宝の90年 モダンと革新の映画史(1)」の1本。310円。ハワイマレー沖海戰(116分・35mm・白黒) 海軍省の後援により東宝が…

『あさぎり軍歌』(1943:石田民三)

『あさぎり軍歌』(東宝映画1943:石田民三)を、国立映画アーカイブ2F 長瀬記念ホールOZUにて見る。6月24日(金)から始まった「東宝の90年 モダンと革新の映画史(1)」の1本。310円。あさぎり軍歌(81分・16mm・白黒) 旗本の國武三兄弟、辰太郎(坂東)、勝輔(黒…

『青い山脈』『青い山脈 前編梗概』『續 青い山脈』(1949:今井正)

『青い山脈』『青い山脈 前編梗概』『續 青い山脈』(1949:今井正)を、国立映画アーカイブ2F 長瀬記念ホールOZUにて見る。6月24日(金)から始まった「東宝の90年 モダンと革新の映画史(1)」の1本。310円。青い山脈(90分・35mm・白黒) 青い山脈 前編梗概(9分…

『生きてゐた幽靈[『幽霊暁に死す』改題短縮版]』(C.A.C.1948:マキノ正博)

『生きてゐた幽靈[『幽霊暁に死す』改題短縮版]』(C.A.C.1948:マキノ正博)を、国立映画アーカイブ長瀬記念ホールOZUにて見る。5月3日から始まった「発掘された映画たち2022」の1本。420円。 1951年以降『生きてゐた幽靈』と改題され東映が配給した版(…

『今日われ恋愛す 第一部 愛慾篇/第二部 鬪爭篇』(C.A.C.1949:島耕二)

『今日われ恋愛す 第一部 愛慾篇/第二部 鬪爭篇』(C.A.C.1949:島耕二)を、国立映画アーカイブ長瀬記念ホールOZUにて見る。5月3日から始まった「発掘された映画たち2022」の1本。420円。 原作小説の「今日われ欲情す」の題名がGHQによる検閲で問題視され…

『熱情の翼』(新興東京1940:小石栄一)

『熱情の翼』(新興東京1940:小石栄一)を国立映画アーカイブB1F・小ホールにて見る。5月6日から始まった「NFAJコレクション 2022 春」の1本。420円。初見。同時上映『なつかしの顔』(東宝京都1941:成瀨巳喜男)。 戦闘機開発をめぐってのスパイ陰謀と恋愛…

『なつかしの顔』(東宝京都1941:成瀨巳喜男)

『なつかしの顔』(東宝京都1941:成瀨巳喜男)を国立映画アーカイブB1F・小ホールにて見る。5月6日から始まった「NFAJコレクション 2022 春」の1本。420円。初見。同時上映『熱情の翼』(新興東京1940:小石栄一)。 弘二の家は、兄が戦争に行き、母、兄嫁と…

『野球プログラム(計89分)』(1939~1949)

『野球プログラム(計89分)』を国立映画アーカイブB1F・小ホールにて見る。5月6日から始まった「NFAJコレクション 2022 春」の1プログラム。420円。 『野球の妙技』(朝日映画1939) (18分・35mm・白黒) 朝日映画1939年 監督・編集 磯部 四郎 撮 影 遠藤 瀛…

『明日は日本晴れ』(1948:清水宏)

『 明日は日本晴れ』(えくらん社1948:清水宏)を、国立映画アーカイブにて見る。5月3日から始まった「発掘された映画たち2022」の1本。420円。 えくらん社の第1回作品で東宝配給。今まではフィルムが残っていないと言われていた作品が松竹の倉庫に眠って…

『花咲く家族』(大映東京1947:千葉泰樹)

フィルムセンター「よみがえる日本映画vol.4[大映篇] -映画保存のための特別事業費による」にて、『花咲く家族』(大映東京1947:千葉泰樹)を見る。500円。 すばらしい。母の思いが子に伝わらず、子の思いが母親に伝わらず。でも、お互いに愛情たっぷり。行…

『青空交響楽』(大映東京1943:千葉泰樹)

フィルムセンター「よみがえる日本映画vol.4[大映篇] -映画保存のための特別事業費による」にて、『青空交響楽』(大映東京1943:千葉泰樹)を見る。500円。 戦時中に作られたとは思えないくらい、楽しいミュージカル映画である。恐らく、牧場の働く姿を描く…

『情熱の人魚』(大映東京1948:田口哲)

フィルムセンター「よみがえる日本映画vol.4[大映篇] -映画保存のための特別事業費による」にて、『情熱の人魚』(大映東京1948:田口哲)を見る。500円。 場末のキャバレーで歌う山口淑子、彼女の才能を見いだし大劇場の歌手に育て上げる作曲家・水島道太郎…

『看護婦の日記』(大映東京1947:吉村廉)

フィルムセンター「よみがえる日本映画vol.4[大映篇] -映画保存のための特別事業費による」にて、『看護婦の日記』(大映東京1947:吉村廉)を見る。500円。 高原の療養所で、健康回復に務める患者たち、彼らを支える看護婦たちの人間模様を描いている。太宰…

『世紀は笑ふ』(日活1941:マキノ正博)

『世紀は笑ふ』(日活1941:マキノ正博)をフィルムセンターにて見る。お笑いレビュー映画と思いきや、溝口健二もビックリ(とは大げさ)の芸道物だった。 屋台のシナそば屋を仲良くやっている杉野凡作(杉狂児)と廣田大造(廣澤虎造)。ひょんなことから廣田の浪曲…